スマート農林業の未来をデザイン

農林業分野における自動運転化、電動化、デジタル化、低炭素化に関する技術開発を推進

事業内容

システム開発・設計

  • システム仕様・全体設計
  • 電子システム開発・回路設計
  • ソフトウェア開発
  • 機構システム開発
  • 開発環境設計

技術コンサルティング

  • 車両制御技術
  • 車両内通信技術(CAN)
  • 各種センシングおよび電子技術
  • 衛星測位応用技術
  • 遠隔監視・操作技術

共同研究のおてつだい

  • 共同研究体制の構築支援
  • 産官学共同研究の連携支援
  • コンソーシアム等各種会議体運営

企業理念

  • 現地現物へのこだわり
  • 熱意と志を原動力とし、異分野の仲間とも連携して社会に貢献する
  • デジタル技術を駆使して農林業の新たな魅力を培う
  • デジタル技術を活用して、障がい者を含む様々な人が農林業に参加できる機会を創出する
  • ニッチな事業領域に留まり、世界に羽ばたく

最近の活動成果

高精度衛星測位(RTK-GNSS)が使えない果樹園の環境で、マシンビジョンによる自己位置推定を活用した農薬散布車両の自動運転制御システムを開発

本研究の一部は、総合科学技術・イノベーション会議のSIP「スマートバイオ産業・農業基盤技術」(管理法人:農研機構生研支援センター)によって実施されました。

動画再生

予備試験路実験:旋回制御の後半における軌道補正(直進ゲートの中心付近に左右位置整合)

ArUcoマーカーの導入

直進路および旋回路における軌道補正に活用

実際の果樹園における入口位置誘導マーカー

地磁気情報を活用した進行方向制御

動画再生

予備試験路走行実験:地磁気情報を利用した実験走行

動画再生

デモ走行映像:筑波大学T-PIRC果樹園にて

筑波大学内矮化果樹園におけるデモンストレーション

このデモンストレーションでは、ArUcoマーカーと地磁気情報を併用した制御によって走行しました

会社概要

会社名:株式会社アイ・モビリティプラットフォーム

設立:2017年7月4日

会社住所:104-0061  東京都中央区銀座6-13-16 銀座ウォールビルUCF501

代表取締役:  川本 雅之

資本金 : 990万円 (資本準備金: 690万円)

お問い合わせ

2021年5月 更新